« 2007年6月 | トップページ | 2007年10月 »

選挙前にめっちゃくっちゃ気分が悪い!!

今日事務所の近くを昼間歩いていたら。めっちゃ気分の悪い政党名を見た!

その名も「女性党」[http://www.joseito.or.jp/]という政党だ。

「永久平和/未来の子供たちへ」とスローガンは立派なのであるが、党名からして嫌悪感を抱く。

私は、女性と男性が対等なパートナーとして社会に同様に参画し、お互いの長所を生かせる社会というものが必要だ!と常々思っている。

その人間の前に「女性党」って名前の政党でしかも党員みな女性という様な政党が目の前に現れたのだ。

皆さんも考えてみてほしい。

もし、「男性党」という名前の政党が出来たらどのような印象を持たれるだろうか?私は嫌悪感を抱くと思う。

もし、この「男性党」なんてものが出来たら田嶋陽子氏[http://www.ne.jp/asahi/tajima/yoko/]の様な人物が「男って本当にバカだようねぇ~」って真っ先にバッシングすると思う。

「女性」って強調する必要性ってあるのだろうか?「女性」だけで政党を作る利点ってなに?

社会って男と女それぞれがいるから、いろんな価値観があるからいいんでしょう?それを自他を共に認めながら協調していき、あらゆるものと共生していくことが今求められているのではないのだろうか?

そんな中「女性」の視点だからこそ「女性」だから出きるなんてことを街中で演説されて共感する様なバカな人間がいるなら見てみた。

そんなことより、政策をキチンと考え伝えるべきではないか?別に、社会が良くなることに女性も男性も関係ないのだから。

良くすることができる人間がリーダーシップをとり、大勢の人々を幸せにすればそれでいい。

平和を強調しているみたいだけど、多分こういった考えに人達ってただ単に憲法9条が大事とだけいうんだろうなぁ?

憲法9条を語る上で日本のおかれている過去より続く地勢学上の不利ということを良く考えて物をいってるか?って聞きたくなる。防衛能力を持たなければ、戦争にいくことはないかもしれないが、戦争で殺されることはあると思います。自分の子供、親、兄弟みんな殺されてからやはり防衛力は必要でしたって言っても遅いんですよ。今日本海で一年間に何回領海侵犯があるんですか?中国の何隻の戦艦の大砲が領海付近に大砲を日本に向け砲艦外交を繰り広げていると思っているのですか?

国対国の争いが話し合いだけで片付くと思っているのでしょうか?

中国がチベットを侵攻しました。中国はチベットは自国の問題と言っている。じゃぁ憲法9条を変えるなという人は日本がチベット・・・つまり、中国が日本に侵攻し、アメリカやイギリスはじめ外国に日本は元々中国の領土だったんだよ。日本の問題は中国の国内の問題だからつべこべ言うなって時代が来てもいい人だけだと思うけどな。だから中国は軍備を強化して、世界で2番目の軍需大国になったわけでしょう?

それをちゃんと説明してほしいものだ。

「女性党」この世からなくなってほしい。こんな政党や政教分離していない政教一致してしまっている「公明党」などが議席を持つなら好きではないが「社会党」じゃなくて今は「社民党」って言うんだったかな?が議席を伸ばす方がいいと思う。

以上!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年10月 »