富山冤罪事件の裁判官について

久しぶりに一言言わないと腹の虫が治まらないことがあった。

富山県氷見市の男性(40歳)が婦女暴行・同未遂容疑で県警に誤認逮捕(事件当時34歳)されて服役した冤罪(えんざい)事件で、男性を無罪にする20日に開かれた再審が藤田敏裁判長による富山地裁高岡支部で初公判を迎えた。

弁護側も冒頭陳述を行い、「被告が犯人であるとの強度の予断、偏見に基づいて逮捕、拘置し、長時間にわたる高圧的な取り調べを行って虚偽の自白を強要、刑事被告人に仕立てた」と、捜査の過失を厳しく指摘するのは当然として。

検察側は「被告人は無罪であります」とだけ述べ、捜査過程は明らかにしなかった。というが、無罪を確定するには冤罪が証明されただけではなく、無罪を立証する裁判を起こさないといけないのが今の日本の司法制度である。

正直裁判というのは争点があって始めて成り立つものと私は認識していた。しかし、この裁判に争点はないように思う。ではなんのための裁判であろうか?

事実関係の認否?それとも、冤罪を生んだ捜査の検証?冤罪になったこの男性への賠償額を確定するため?

そうやら、そのどれでもないらしい。

この男性は冤罪に関して当時の捜査官を法廷に証人として召致を要求した。そのことからも、この男性は少なくとも事実関係の認否を目的として裁判を行っていることになると思う。

だが、原告は証拠捏造(ねつぞう)の実態などを明らかにするため、県警取調官に対する証人尋問を申請したが、「必要ない」との理由になっていない理由で却下された。では、何のための裁判?って思ってしまう。

「必要ない」と裁判官が言ったということは、この裁判は無罪を確定するためだけの裁判であって、捜査の捏造に対する県警に対する損害賠償請求をするための裁判ではないからという意味だからであろうか?

とすると、こういうことになる。冤罪事件とは、まず事件が発生し被告となると、まず、自分の無実の罪に問われる裁判によって拘留、または留置を受け、冤罪とわかってから、無実を証明する裁判を行い、さらに捏造を戒める為、捜査をした人間の過ちを認めさせるための裁判の3回を行わないといけない、ことになるわけだ。

無実の人間の側が、貴重な人生の多くの時間をこんなことのために費やされるのはおかしい。この方の場合2つ目の裁判までで10年近くの年月が経っている。働き盛りの人生を謳歌する年齢の時にである。捏造の立証まで裁判で争ったらそれこそ15年だ。人生のおおかた1/5をおおかたこのことに費やす計算だ。

その前に、富山県警のこの捜査をした調査官は無罪をわかってこの男性を犯罪者に仕立てたのは明らかであり、その捜査官たちが逮捕されないのはおかしい。医者が不適切な手術で患者を死なせた場合、責任を追及される。建築士も姉歯の様に強度を偽装すれば逮捕される。国家権力は、違法な捜査をしてもお咎めなしなのであろうか?非常におかしい。最近警察をみると全部犯罪者にみえる。多分私以外のかなりの方がそう見ているのではないだろうか?事実犯罪者である。法定速度をかなりオーバーして事件があったわけでもない、必要もないのに加速して走りぬけるパトカー。飲酒運転する人間がすくなくなったので、点数が稼げなくなったので、急に自転車の盗難とかばかり調べるようになった警察官。しかも、同じ人間をなんども止めて。一度調べたら自転車に1年間くらい有効な調べましたっていうシールでも渡せっていうんだ。裏金ばかり作っている捜査官。収賄。談合に加担する捜査官。正直ここまで犯罪の横行している組織は暴力団か警察か?ってくらいであろう。

犯罪を取り締まるところが、実は2番目に犯罪が多い組織っていうことで、しかもそれを上記の様に司法が容認している。ここに、日本の問題点があるように思う。

だが、今後この「藤田敏」という裁判官が最高裁の裁判官になったとしたら、私はちゃんと覚えておいて、選挙のついでに行われる信任投票では落としたいと思う。そのときちゃんと周りの人にも伝えて生きたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

株主代表訴訟

  ライブドア株を真鍋かをりちゃん買わなくてよかったね。

ライブドア株主は個人・投資家問わず株主代表訴訟を起そうとしている。

だが、私はこの株主達に賠償に応じることを決して許してはならい!

なせなら、会社の経営の傍ら国会議員に立候補するような経営者がいるよ

うな会社に投資すること自体が狂気の沙汰だからである。

 株に手を出すことは自己責任で紙くずになる可能性もリスクとして勘案

すべきである。それを、会社の業績や能力を査定することなく、株価のみ

を見てチャートの変化により上昇トレンドや下降トレンドなど傾向をみて

投資する人間はほとんどである。

 株主は企業価値を見ずにチャートにより判断したのが揺ぎ無い事実であ

る。その、最たるものがライブドア株を購入した株主そのものである。

 ならば、ホリエモンと同じく間接的にではあるが、そのライブドア株主

も、他人の利益を搾取し得た株価によって金銭を得ようとしたことは、

それら株主とホリエモンも同罪とみるからである。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

この話題ばっかり

 このブログをはじめて子の話題ばっかりでいいのかなと思うのだけれども、私が行っているビジネスの紹介もかねてあえてまたライブドア問題を論じてみたいと思う。

 私は、先の
ホリエモン≠ライブドア?でも少々触れたが仕事として、建築の設計(意匠=デザイン)を本業としている。大学は理工学部の建築学科を出ている。ホリエモンとは学年的には1つ下の学年になる。だが、ホリエモンと違うのは2度小さな会社と大きな会社でサラリーマンを経験している点で違う。はじめに就職した小さな会社では建築デザインの担当をしていた。次いで就職した大手の会社では、通信会社の建築研究部門ということもあり。建築の生涯的な修繕や維持管理のコスト(LCC)を算出したり、そのコストを削減をコンサルしたり、耐震診断、アスベスト調査をする会社で働いていた。通信会社ということと、私が10歳の時から趣味でプログラムを作成等していたこともあり。建築に関するシステムの構築や、企画提案にITをしようして業務を行っていた経験を持つ。

 現在は、その経験をいかし、システム開発と建築の設計・コンサル、CG等を駆使した映像製作やWEB構築などを生業としている会社を設立した。

 ここで、金融業は別として、姉歯建築士による構造計算書偽装問題やホリエモンのIT起業による犯罪行為など自分のかかわり仕事の大半で社会的な問題がおきている。

 船出したばかりの私の会社においては、両方とも社会的信用失墜した業界で仕事をしなければいけないということになる。だが、こんなときだからこそ、真に世の為、社会貢献できる会社として信用回復に尽力できる会社にせねばと思う。

 私の会社と私の考えはひとまずこのへんにしておきホリエモンの話に戻りたい。
 Livedoorの掲示板にかなり多くのホリエモン支持の記載を見受ける。ほとんどは、何か世の中に新風を巻き起こしてくれそうだった、ホリエモン個人に対しての支持コメントでるが、この支持をしている人たちに私は経営者の立場から一言もの申したい。


 
ホリエモンを支持しているあなたたちは自分勝手な人たちです!

 ホリエモンは時価総額世界一位の会社をつくるのが夢であるといっていました。ですが、考えて下さい。彼はその目標を達成する為に、ライブドア社員たちの生活を犠牲にしています。株主の利益を無視しています。
 個人企業や全員が同じ志をもった有志で立ち上げたばかりのベンチャー企業でこういったことをしていても私はなんともおもいませんが、ライブドアに入社した人たちやもともと安定した企業に勤めていてライブドアになかば強制的に買収された社員たちや株主は、そんな博打のような経営を望んでいたわけではありません。

 まさに人の利益の搾取の上になりたち、実業を発展させたり、新規に企画立案した事業を展開したわけではないまさに虚構のビジネスを正当化する人たち。私には理解できません。

 私の考える企業とはいかに、顧客の支払うお金に対価として満足度を充実させるかを考え、社会に貢献しながら発展していくものと考えています。

 他人の利益を搾取して発展する企業というものは、自転車操業以外のなにものでもなく、いずれ消滅します。前者と後者の境としては。投資ファンドや先物取引を生業としているものは私の考えるボーダーラインです。これら企業をなぜボーダーと考えるは、投資家に機会を与えるという意味では貢献してると思うが、そのほとんどが個人にとっては有益なものではないからそう思うからです。個人に対してそのほとんどが利益を享受できない企業がほとんどだからです。大半はWEBで検索してみれば、明らかですが、詐欺扱いされている会社がしめます。でも、すくなくとも、良心に従って運営されている企業もあることを考えるとグレーゾーンであると思うからボーダーだと考えます。ですが限りなく黒に近いグレーだとも付け加えます。

 そのグレーなゾーンに手を染めたのがホリエモンです。それを分からず応援している人たちを見ると、なんだか日本という国に住まう若者の脆弱さを感じます。とはいえlivedoorの掲示板にホリエモンに対して整然と意見を述べている人たちを見ると、まだ日本の本質を見極めようとがんばっている人たちもいることにいくばくかの安堵感を覚えます。

 皆さんはどちらサイドの人間ですか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ホリエモン≠ライブドア?

 半年くらい前になるだろうか?
 実は私の周りに私がホリエモンは5年以内に失脚するということと、それでも形を変えてライブドアは生き残るということを予言めいて発言していた。

 昔からそうなのだが、なぜか私の勘はあたる。

 そういえば、17年前もその半年前くらいに阪神大震災が起こると親に予言していたことがそのまま起こったということがある。

 変にビビビッ!とシックスセンスとは言わないまでも、感じるものが働く、そのたび回りのひとはびっくりするようだ。

 阪神大震災の時は何を根拠にそんな話をしていたかというと、そのときは東京で建築学科の大学生だったのだが、確か京都大学の先生だったと思うのだが、その先生の論文を読んで活断層について調べていくうちに大阪近辺でのその活動周期を調べていたちょうど私が予言したときからプラスマイナス5年の周期で震災が関西に起こるという根拠があったからなのだが、それを根拠にどこかしら勘のようなものも手伝って親や周りに言っていた。そしたらあたらなくてもいいのにあんな大惨事になった。

 ライブドアのホリエモンに関しては、同じく東京大学出身で光クラブという闇金のシステムを構築し、他人の利益を搾取する手法などの似た山崎晃嗣の破綻劇が脳裏をよぎり、さらには、経営者としての言葉が聞こえてこないホリエモンは実は客寄せパンダで、後ろで、さらなる悪人というか、糸でホリエモンという人形を操っている人物の陰がちらりほらり、さらには政治家の影もと言うような薄気味悪さを覚えていた。


 根拠がないが、ホリエモンはなぜか今から20年ほど前に起きた豊田商事の永野一男にもなぞられるとこがあるが、これは比較対照になりづらいと思う。これは年金生活者という生活弱者を狙った犯行で、ホリエモンの場合は生活弱者とは正反対の、よその会社の経営者や株主からの利益の搾取であり、ターゲットがちょっと違う。だからこういったストーリーにはなりにくいと思う。

 それよりも、今回の事件で、野口英昭氏が死亡した(私は他殺と思っている)内容のほうが気になる、その背後には何かまだあるぞといった気にさえなる。それこそ政治家の影があるような気がする。これも直感であるが。

 それよりライブドアという会社を考えると、クルート事件の時
の江副浩正の時を考えると社長は消えても会社が残るといった様にも思う。ライブドア証券の様にライブドアグループ全体の利益の6割を稼ぎ出しているこの会社が親を買収すれば残れるのではないだろうか?とはいえ、これは、ライブドア本体にいる人間たちが納得し、会社の存続に対するモチベーションが残っていればの話だが、、、今のライブドアはリクルートとの時とは違い社員は実業が(一社が)拡大して大会社になったのではなく、M&Aによって無理やりパッチワークのようなつぎはぎで同じ職場で働かされるようになった社員が多く、どうやらモチベーションは保てていなさそうなので、多分よその会社に買収されることを期待している社員が多いのかもしれないけれども。

 まぁ、社名は変わってもライブドア自体は残ると私は推測する。

 皆さんはどう予測するのでしょうか?





 

| | コメント (0) | トラックバック (2)